Posted on

医療レーザー脱毛の方法と効果

脱毛の方法は、脱毛クリームを塗布する方法や光を当てるフラッシュ脱毛など様々な種類があります。一般のサロンや家庭でもできる簡単な方法のほかに、高価な医療機器を用いて脱毛するレーザー脱毛があります。この方法は医師にしか認められておらず、クリニック以外のサロンでは受けることができません。レーザー脱毛は永久脱毛として高い効果が認められていますが、これは毛根にレーザーを照射してその機能を停止させるからです。

毛根が機能不全になると、定期的に生え変わるサイクルが狂い、ムダ毛は次第に細く短くなってやがて綺麗に消えてしまうのです。光脱毛に比べて、レーザー脱毛は1回の施術で脱毛できる範囲が狭いうえ、皮膚がダメージを受けて回復を待ってから再度の照射を行う必要があります。そこで、長期間にわたり何回かクリニックに通院しなければなりません。それでも、レーザー脱毛を何回か受ければ永久脱毛の効果が得られると言われているため、サロンより高い料金を払ってクリニックに通う人は少なくないと言えるでしょう。

医療レーザー脱毛の痛みを抑える工夫とは

レーザー脱毛では、強いレーザーを皮膚に照射するので、熱を帯びて痛みを伴うことがあります。そこで、レーザー脱毛を施すクリニックでは、照射する部位に局部麻酔を行ったり、冷風を吹き付けて冷却したりして、痛みを軽減する工夫がなされています。多くの場合、こうした処置により痛みを感じることなく施術を受けられ、痛みを嫌う人も安心して医療レーザー脱毛を利用できるでしょう。痛み以外の痒みや赤みなどのトラブルがあったとしても、レーザー脱毛のクリニックには医療の専門家である医師が常駐しているため、施術後も適切な処置をしてくれます。

医療レーザー脱毛とは、エステやサロンではなく、皮膚科など医療機関で行われる脱毛です。エステなどよりも1回の施術効果が高く、通う回数が少なくて済むのが大きなメリットです。